Bpre > INTERVIEW > School > 坂 勇次郎さん-戸板女子短期大学 キャリアセンター部長 vol.2

INTERVIEW タグ:

坂 勇次郎さん-戸板女子短期大学 キャリアセンター部長 vol.2

SCHOOL
この記事を応援する!

≪プロフィール≫

名前 : 坂 勇次郎
学校法人戸板学園 戸板女子短期大学
キャリアセンター 部長

短大の2年間は、人生の職業選択、お試し期間!

本学の服飾芸術科に入学すると、最初の半年(前期)は、自分がどういう人間なのか、どういう仕事があるのか、どういう働き方が自分に合っているのか?という授業を行います。言わば自分探しです。

例えば、皆とワイワイ騒いで共同作業が好き?一人でコツコツが好き?人に気に入ったものを勧めるのが好き?といったように紐解いていき、自分の適性を探します。本当にその職種が好きかどうかを1年生の前期で見極めることができます。その後、後期で履修モデルを選択します。

後期のビューティーモデルや専門科目では美容業界で実務経験のある教員にネイル、ヘア、メイクを学ぶことができます。実務を経験することで憧れだった職種が本当に自分に合っていたか確かめてみることができます。

美容の専門学校に通った場合、入学当初から終日、実習授業を受講すると思いますが、それが楽しいと思えれば自分の適職に出会えたことになるので、素晴らしいことだと思います。万が一「違うな。。。」と感じてしまったらどうしたらよいのでしょう。
本学のカリキュラムは、「ヘアメイク」の授業と言っても週1、2回しかありません。他は英数国、マナー演習、パソコン等の授業を受けなければなりません。美容部員になりたいのに「なぜ苦手な英語をやらなければならないの」と思う学生もいますが、これらはどのような職種でもこれからの時代に必要な能力なのです。
また、「メイクをやってみたけど、ブライダルが面白くなってきた」「ネイルもやってみたい、ホテルはどうだろう?」と将来の仕事がまだ定まらない学生も多数います。それが戸板女子短大の特徴です。我々は、短大の2年間は、人生の職業選択、言わばお試し期間と考えています。

≪過去の記事≫

坂 勇次郎さん-戸板女子短期大学 キャリアセンター部長 vol.1へは こちら

≪学校情報≫

学校名 : 戸板女子短期大学

住  所 : 〒105-0014 東京都港区芝2-21-17  TEL03-3452-4161(代表)

戸板女子短期大学ホームページへは こちら

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INSTAGRAM インスタグラム