美容学生就職情報 Bpre > INTERVIEW > School > 足利デザイン・ビューティ×GOALDコラボセミナー報告

INTERVIEW

足利デザイン・ビューティ×GOALDコラボセミナー報告

SCHOOL
学校法人白百合学園 足利デザイン・ビューティ専門学校
この記事を応援する!

-7/11(sat)‐

足利デザイン・ビューティ専門学校に、GOALD渋谷(https://goald.co.jp/)プロデューサー、米田星慧氏が来校し、学生・一般参加の未来の美容師達への技術デモンストレーション・トークショーが執り行われた。日本を代表するメンズサロンであるGOALDの技術セミナーは臨場感溢れるパフォーマンスで会場は大盛況、また当日会場に来られない全国の一般参加者の方にはリアルタイムオンライン配信も行われた。

男子学生がモデルになり、BEFORE・AFTERがわかる最新トレンドスタイル披露が行われた後に、未来の美容師を目指す一般参加者の方々に、「必ず夢は叶う」をテーマとした熱のこもったトークショーも開催された。

・自分の人生は自分で決めるしかない。

・自分が思う事、自分が本当に心から思う事をやるべきである。

・挑戦する事を諦めてはいけない。

→これからの人生の岐路に立つであろう高校生に対して、心と想いのこもったトークを展開。

美容師としての最大の魅力は、「心に触れる事が出来る仕事」であり、このイベントに参加している事や「誰かをキレイにしたい」その想いを持ち続ける事で美容師として成功するチャンスがあると、未来を支える若者に熱いメッセージを贈った。

→参加された学生さん、一般来場者の皆さん

右:GOALD米田さん 中:美容総合科主任 海老原さん 左:GOALD二宮さん

[編集後記]

AI全盛時代の現代において、これから残る仕事、無くなる仕事が日々メディアを騒がしている。美容師の仕事は、絶対に無くならない仕事と言っても過言では無いだろう。昨今のコロナ禍において、国内の経済状況は苦難を強いられている。その中でも緊急事態宣言が解除された6月、7月は美容室には昨年同様、昨年を上回るお客様の来店が舞い込んでいるという話も耳にする。人には常に美しくありたい、清潔でありたい、紳士的でありたいなどの思考が深層心理に埋め込まれている。まさに、このコロナ禍の中で、美容業が世の中で必要不可欠な仕事であるという事が、再認識されたと認識する。このような企画を創る足利デザイン・ビューティ専門学校に敬意を表すと共に「美容業界の未来は明るい」と意味付けをしたいと思う。

―END―

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INTERVIEW

現役美容師から教員への転身。サロンワーカーから指導者へ

今回の企画は、現役美容師から指導者への転身シリーズ。美容師として活躍しつつも、現場を退き専門学校教員への道に転身する方々がいる。業界従事者の減少が叫ばれる昨今、新たな成り手の創出と共に即戦力の輩出を実…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム