美容学生就職情報 Bpre > INTERVIEW > School > 多様性に対応出来る人財創りがこれから美容業界に求められる事 vol.1

INTERVIEW

多様性に対応出来る人財創りがこれから美容業界に求められる事 vol.1

INTERVIEW
学校法人中央総合学院 高崎ビューティモード専門学校
この記事を応援する!

今回の取材はBPRE初登場となる中央カレッジグループ、広報本部広報部次長、森田豊氏に高崎ビューティモード専門学校についてのインタビューを敢行。これからの時代に求められる人財創りをテーマに学校運営を行うそのメカニズムに迫ってみました。

<聞き手>

全国でも有数、群馬県でも唯一のTONY&GUY認定校である御校ですが、教育方針・理念などはどういったものなのですか?

-森田氏

当校はディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシーとして3つのポリシーから教育方針、理念を定めています。端的に言えば、理美容の技術を身に付ける事は当然の事として、何事にも積極的に取り組むチャレンジ精神を持ち、社会人として求められる教養・人間性・社会性を身に付け、地域や社会に貢献できる能力を身に付ける事を一番の目的としています。

理美容の技術は、簡単では無いものの授業や練習時間、努力を通して身に付けられるものとなりますが、卒業後、現場で活躍する理美容師になる為には豊かな人間性を磨き上げる事も重要です。当校では、産学連携による社会に求められる知識・技術を身に付けられるプログラムや体験学習を通じて「気付き」「気遣い」「気配り」力を高め、社会人として求められる、人間性・社会性を養うよう指導しています。

<聞き手>

特色のある学科が多いなとお見受け致しますが、教えて頂いても宜しいですか?

-森田氏

はい。3つの学科から当校は成り立っています。1つ目は国際美容師学科ですが、様々なコースに分かれています。人気のあるコースとしては、ヘアスタイリストとして活躍できるTONI&GUY プログラム を習得するととも に美容師国家試験に合格する技術と知識を習得するコースや、メイク アップ ・ ヘアデザイン等 を習得するととも に美容師国家試験に合格する技術と知識 を習得するコースが有ります。

2つ目は理容師学科となります。実践的 な 総合 サロン 技術を習得するととも に、理容師国家試験に合格する技術と知識を習得する 事を目的としています。

<聞き手>

理美容両方に精通する技術者を育成しているという事ですね。

-森田氏

そうです。それ以外にも国際ビューティ学科として、トータルビューティアーティストとして、メイク アップ ・エステ ティック・ネイル・ブライダル技術・ヨガ技術 や、栄養学・化粧品学・ カウンセリングなど 、 プロの接客に必要な知識を習得する学科も有しています。

<聞き手>

トータルに「美」を追求できるカリキュラムが用意されている訳ですね。授業内容が充実している事が強く伝わってきます。御校の授業の特徴や就職傾向はどのような状況でしょうか?

-森田氏

群馬、北関東に位置する学校でもありますので、入学前の学生は群馬県在住の学生がターゲットではあります。しかしながら重きを置いている事として都内への就職、有名店への就職を実現できる学校である事と考えています。流行についていく事が出来る教育カリキュラム、職業実践専門課程にも認定されております。現場で活躍されている講師に来校頂き、実際に実践的な授業を数多く盛込んでいます。フォトシューティング(カメラの基礎から、発信SNSなど)も選択授業で取り入れております。免許を取得する事が目的ではなく、実践現場で活かせる技術を身に付けられる教育が一番の特徴と言えます。

この2年位の傾向としては、都内就職者が過去は20%-30%程の就職者だったが、昨年で40%まで伸びました。他関東20%、群馬で40%という数値が出ています。地元サロンへの人財提供は勿論の事、東京、関東圏で活躍できる卒業生を多く輩出する事が出来るようになってきました。指導教員の育成にも力を入れており、現在ではTONY&GUY認定講師が6名在籍、資格自体が2年に1回の更新制ですし、試験内容も時代に応じて毎回内容が違います。従って教員も常に研鑽と切磋琢磨し続けていないと追いつかなくなってしまうとも言えるのです。また、どの教員に質問しても同じ答えが返ってくるように技術だけでない、人間性・社会性指導においても一定水準以上を担保している事も特徴と言えます。

<聞き手>

教員の方々も、良い意味でプレッシャーを感じつつ、教育の現場に立っているという事ですね。

-森田氏

はい。私も含めてですが。(笑)。また、当校には美容学校卒業してすぐ教員という方はいません。ベテランが多いと言えます。採用の基本基準として複数年の現場経験を持たれている方を重要視しています。現場で店長をやっておられた方など、そういう方が現職の方では多いです。一番若い先生でも26歳(現場経験5年程積んでいる人)国家試験を教えるなら、それ用の技術・知識があれば良いですが、私達の考え方としては現場で通用する技術を伝える事がメインミッションですから、それとなると講師の現場経験は必須。そのようなスキルを持った先生が高崎ビューティモードには多いと言えます。

<聞き手>

将来現場での活躍を一番に考えた学校の体制、教員体制を敷いている事が良く分りました。次は、学校に入学してくる学生さんの傾向などお聞きしたいと思います。

 

-次号へ続く

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INTERVIEW

星野 萌香さん-横浜fカレッジ vol.2

≪プロフィール≫ 名前 : 星野 萌香 学校名 : 学校法人岩崎学園 横浜fカレッジ 専攻 : ビューティースタイリスト科 1年 横浜fカレッジに決めた理由 出身は静岡県です。今でも静岡から横浜…

READ MORE
INTERVIEW

『学生よ、Twitterを使え!』vol.2

前回に引き続き、今後の「SNSの可能性」と 坂口さんご本人の「採用方法」をインタビュー!! どうやってその問題を解決できるか、カギとなるSNSについて 大阪のど真ん中のサロン【CHAINON…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム