Bpre > INTERVIEW > Leader > 美容業界でワークライフバランスが両立できる企業へ Vol.1/コミュニティサロンと和

INTERVIEW

美容業界でワークライフバランスが両立できる企業へ Vol.1/コミュニティサロンと和

LEADER
コミュニティサロン と和 / 訪問美容 と和
この記事を応援する!

働き方改革の一環として、美容業界でいち早く実践したいのはワークライフバランスです。

ワークライフバランスを日本語に訳すと、「仕事と生活の調和」。

生活と仕事はお互いに「相反するもの」ではないという考え方です。生活の充実は仕事の成功を促し、仕事がうまくいけば、プライベートも潤うといった「相乗効果になる」ということです。

仕事かプライベート、どちらか一方でも犠牲にすることはよくありません。

仕事で学んだことが生活の中で生かされ、生活を充実することで仕事に結びついていく、天秤が釣り合うような環境づくりが大切となります。

【業界初のライフ・ワーク・バランス認定企業、その取組み】

 

「と和」は、2018年2月18日(木)のライフ・ワーク・バランスフェスタ東京2018にて、東京ライフ・ワーク・バランス認定企業となっています。

美容業としては、初めての認定となり、業界内外から多くの取材を受ける立場になりました。

 

※ライフ・ワーク・バランス認定企業とは、仕事とプライベートが両立できる職場の実現に向けて、優れた取組みを実施している企業に、東京都産業労働局から与えられる認定となります。

 

美容業は、長時間労働や時短勤務への対応の遅れといった多くの問題があります。

高齢化による訪問美容などの需要拡大に対して、担い手である美容師の就業率の低さや採用難、高い離職率が課題となってきています。これは、美容業界の雇用体制や整備の遅れが原因となっています。

そんな中、ワークライフバランスの取組みとして、ノー残業デーの実施、施術20分後までに退社(残業削減)、勤務間インターバル制度などによる働き方改革、年2回の社員旅行(海外・国内)を行ってきました。

土日祝日を交代でノー残業デーに設定して週1回は該当するようにするようにしています。早く家に帰り、身体を休めることで、友人や恋人と会う時間を作り、リフレッシュすることを推奨しています。

先輩や上司などが残業していると帰りづらいというのは、どの業界でもあることです。自分の担当するお客様の施術が終了したら、他スタッフの終業を待つことなく、退社するようにルール化することによって、気兼ねなく退社することができるようになっています。

勤務間インターバル制度も、美容室ではお客様が続いているとお昼を食べることや、休憩時間が取れないことがあります。「と和」では、長時間労働に起因する疾病を予防することを目的に、勤務間における休息時間を確保しています。

成人式・卒業式・七五三などの早朝対応や、お客様の予約追加などが発生した場合、12時間のインターバルを確保するため、前日・当日・翌日の就業時間も調整してくれます。

他の日の就業時間で調整してくれるのは、「と和」ならではのワークライフバランスの取り組みです。

【まとめ】

働き方改革・休み方改革・両立支援の三つの側面から雇用環境の整備を行っていらっしゃる「と和」様。

「有給休暇取得で、長期の休みが取れるようになり、旅行の計画が立てやすくなった」
「仕事と休みのメリハリがあることによって、仕事に対する意欲・考え方・行動が以前よりも向上した」

など、社員の仕事への取り組み方にも変化が起きてきているとのことです。

数字的な成果としても、27年度は1人あたりの年間時間外労働が334時間(7か月)でしたが、28年度には416時間(12ヵ月)となり、対前年度27.5%削減(1ヶ月当たり)となっています。有給休暇取得率も、27年度は30%でしたが、28年度には74%となり、対前年度2.4倍になっています。その成果は、如実に現れています。

全ての美容業がそうではありませんが、給料が安い、労働時間が長い、休みが少ないなど、比較的業界内で聞かれるネガティブなイメージを払拭し、美容業界に良い風を吹かせる取組みだと思います。

美容室に行きたくてもいけない、美容難民の人にリラックスしてもらい、確かな技術を提供している同社は、働き方改革によって、従業員のやりがいと、お客様の笑顔で溢れています。

東京ライフ・ワーク・バランス認定企業を頂きました!


当社が、東京ライフ・ワーク・バランス認定企業※に選出され、2018年2月18日(木)のライフ・ワーク・バランスフェスタ東京2018で受賞しました。美容業としては、初めての認定となり、当日は業界内外から多くの取材を頂きました。

※東京都産業労働局が“従業員が生活と仕事を両立しながら、いきいきと働き続けられる職場の実現に向けて優れた取り組みを実施している企業”を評価し、広く公表する認定制度で、2008年度より毎年実施されています。2017度は11社が認定されています。

当社は、2013年11月1日設立。病気や怪我、その他、何らかの理由で美容室に行けない方たちへの、出張美容サービスを提供しています。美容には、単なる容姿を整えるだけでなく、「心理的側面」や「精神的側面」にまで働き掛ける力、「美容のチカラ」があると考え、QOL(Quality of Life=お一人ひとりの人生の質)の向上に努めています。10年以上のキャリアの女性美容師が、ヘルパーなどの介護系資格を保有して、ご自宅に訪問。訪問範囲は、東京・埼玉・千葉・神奈川。出張費・交通費なし。東京都豊島区巣鴨にユニバーサルデザインの美容室も展開。

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INTERVIEW

佐藤 豊さん-株式会社ギャフ 代表取締役 -前編- 

≪プロフィール≫ 名前 : 佐藤 豊 会社名 : 株式会社ギャフ 代表取締役   完全歩合給!サロン内で独立スタイルをとることができる 「GAFF」 美容師になろうと思ったきっかけ 地元の大…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム