Bpre > INTERVIEW > 會田 孝弥 氏 株式会社 MaxAbility 代表取締役 -後編- 

INTERVIEW

會田 孝弥 氏 株式会社 MaxAbility 代表取締役 -後編- 

INTERVIEW
会社名:株式会社 MaxAbility / サロン名:Diamond Lash
この記事を応援する!

≪プロフィール≫

名前 : 會田 孝弥(kaida takaya)
株式会社 MaxAbility 代表取締役

2010年 株式会社 MaxAbility設立。アイゾーン専門サロンDiamond Lash(ダイヤモンドラッシュ)をOPEN。現在は渋谷、新宿、表参道、恵比寿 の4店舗を展開。経営理念である「ご縁を大切に」をモットーにお客様もスタッフも大切にするアットホームサロンを経営。


まつ毛エクステンション業界について思うこと


他業種から参入してきた私がまつエク業界に対して、抱いていた印象は・・・。「独自技術にこだわり、それを守る業界」「共存せず、表に出ていかない業界」 素晴らしい独自技術を積極的に表に出していかないので、業界的な発展が広く浸透していかないイメージを持っていました。

各会社や個人事業主が独自技術を生み出しては特許などで規制し、その技術を利用するに為には使用料がかかる。「費用がかかるならちょっと・・・」と諦める。それではせっかくの素晴らしい技術を継承する人が少なくなってしまい、効率が悪いと思いました。私は業界全体の事を考えると勿体ないと思ったのです。個々の利益や一つの企業だけが成長するのではなく、まつエク業界全体が優れた技術・知識を共有していく事が大切ですし、ある程度の技法はOPENにしていかないと業界自体のレベルが上がらないと思っています。当社では、完全規制はせずにある程度の技法はOPENにしていく方針を貫いています。

当社の技術を教えることに関しては専門スクールを開講しています。私共が持つ技術・知識を学ぶ事により、まつエク業界で頑張りたいと思うサロンさんや技術者の方が増加し、成功に近づくのであればそれに越したことはないと思いますし、それで業界自体がさらに盛り上がり、認知度が高まれば今よりも業界に対する一般的なイメージが高まると思っています。

お客様サービスについて、当サロンではお客様に対して特別なことをしている訳ではありません。ただ一つ、全スタッフがお客様に満足して頂いてお帰り頂く為に、アタリマエの理論、アタリマエの接客、アタリマエの技術を提供しています。ただし、技術は日々進歩しています。大切なのは、シーズンや時代、その時々のトレンドに順応し、常に勤勉に技術を高めていく、学んでいく姿勢。これが私共で言う「アタリマエ」なのです。満足してお帰り頂くためには高度な技術も必要ですが、お客様が望んでいるのは高度な技術ではなく、ご自身がご満足出来る技術です。高度な技術を覚えたいという方はたくさんいますが、「お客様一人一人にご満足頂ける技術」を提供する事が大事だと思っています。独自技術は1年も経てば業界に広まり、アタリマエになり定着してしまいます。大切なのは「お客様のご満足を考え尽くすおもてなしの心」それらひたすら続けるだと考えています。

皆さんは「まつエク」について、どんな印象をお持ちでしょうか?毎年、夏のシーズンになるとまつエク業界では、業界にとって悪いニュースが流れます。なのでネガティブなイメージをお持ちの方、それによって、まつエクをしたことがない女性は多いのではないでしょうか?業界では悪いニュースは取り上げられますが、良いニュースは取り上げられない。それが今のまつエク業界です。これは運営している企業がPRに力を入れていないのも原因の一つだと推測しています。例えばまつエクのイメージアップのCMを1年くらい放映したり、バスの車体広告などイメージアップするようなことをすれば、まだ、まつエクを知らない方の目にも触れるので、続けることでイメージはだいぶ変わってくるのではないでしょうか。それを当社がいずれ実現できればと考えています。そして、多店舗展開することでまつエク業界の立ち位置の向上にも力を費やしていこうと考えています。


今後の展開、思うこと


もっと異業種から美容業界に参入するべきだと私は思っています。理由としてはこの事業をやってみると意外とマネジメントも容易で、収益性も高く、女性の活躍を活発にすることができるので、ビジネスモデルとして効率的だと思っています。更に競合が増えれば、オーナー同士が刺激し合える関係性が築け、競争意識が高まり、業界の発展になるのではないかと思います。こういった情報交換の場が美容業界には少ないように思えます。なので、同業者の中でのコミュニティがあったらいいなとも思っています。もちろん私は自身のコミュニティの中で今まで通り積極的に提案や立案をしていきたい考え、業界の発展を願っています。

また、経営方針については優秀な従業員にゆくゆくこの事業を譲ってもいいと考えています。なぜなら、女性が活躍できる環境を作り、それらを仕組化したいからです。やる気はもちろん、能力があって熱意のある人材であれば女性でもどんどん活躍するべきだと思います。今後はフランチャイズ事業、、スクール事業、商品開発事業を進めていくつもりで、最終的には多角的に収益を作り、より安定した組織にしたいですね。そして従業員がアイデザイナーだけではなく、様々な職種にもチャレンジできる環境を作り、運営を自走化することを目標としています。すでに社員として活躍してくれている方にもMaxAbilityに入社して良かったと感じてもらいたいですね。

- 完 -

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INTERVIEW

小松 美樹さん-マリールイズ美容専門学校 vol.1

≪プロフィール≫ 名前 : 小松 美樹 学校名 : 学校法人マリールイズ学園 マリールイズ美容専門学校 美容科 : 国際ヘアスタイリストコース 1年 幼稚園の頃からの夢~美容師 幼稚園の時の短冊…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム