美容学生就職情報 Bpre > INTERVIEW > Staff > 飲食業界から美容業界へ転職。共通することとは。

INTERVIEW

飲食業界から美容業界へ転職。共通することとは。

STAFF
株式会社スカイ
この記事を応援する!

今回はSKY株式会社で働く、西ありあ様にインタビュー。

カレー屋という飲食業からの転職という珍しい経歴を持ちながら、現在はビューティシャン見習いと働いています。

飲食業界と美容業界という、お客さまに直接サービスを提供することができる共通点。

そのなかで感じる違いや良さについてお話をきいてみたいと思います。

飲食業からの転職。美容業界へ入るきっかけ

 

-なぜ、飲食から美容という違う業界へ転職したか教えてください。

 

斜め向かいのビルのカレー屋で働いているのですが、日々、新しいことに挑戦したいと思っていました。

就職を控え、将来を考える中で、今が自分の世界を広げられる最後のチャンスだと考えました。

自分自身も髪を染めるのが好きだったり、祖母がやっている貸衣装(ウェディング)で美容師とも接する機会が多く、元々、理美容にはとても興味関心がありました。

以前から人を幸せにするのが自分のやりがいだなと感じていましたが、美容師さんと触れ合う中で、より一層その思いが強くなりました。

理美容のお仕事はお客様をキレイに生まれ変わらせることができ、幸せな気持ちにすることができる素敵な職業であると改めて思いこの業界に進もうと決めました。

 

「人を幸せな気持ちにしたい」この思いは業種に関係ない。

 

-美容業界で働くことについて、そして今後目指したい姿はありますか?

 

スカイの中で、多くのお仕事を覚えて役に立てるように、いち早く戦力になれるように頑張っていきたいですね。

まずは、爪磨きやケアを習得し、1人でも多くのお客様に満足してもらえるよう努力を続けていきます。

覚えることがたくさんありますが、それが大変とは感じず、楽しいと感じています。

カレー屋を1年以上やって一通り覚えたので、今、日々新しいことと触れ合えるのが新鮮で毎日が充実しています。

 

若いうちは就職をして、将来的には経営者になりたいと思っています。

いろいろな人と関わって仕事をして、いろいろ人の感性を感じ、将来は飲食店を開きたいと考えています。

業種は異なりますが、人を幸せにする経験は生きると思っています。

 

SKY株式会社への転職を考えているかたへメッセージ

-SKYへ転職するかたへのメッセージはありますか?

 

勇気を出して飛び込むことが大事だと思いますね。

業界の知識が全くないので、しり込みしましたが、みんな優しく受け入れてくれて、無事採用してもらえました。

 

やってみて、もしかしたら合わないこともあると思います。

そのときはまた別の道を探すという勢いも大切です。

本当にやりたいことは後悔しないように応募をするべきだと思います。

髪を染めてもらったり、爪を磨いてもらいとても満足でしたし、気持ちのいいものと実際に感じることができました。

知識のない私でも、実際のサービスを知るいい機会になりました。

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INTERVIEW

【完全個室サロン】DEAR LOGUE~終身雇用を実現~

【定期昇給5000円、社会保険完備、ウィッグ代・講習費用全額支給、完全週休2日、有給消化、退職金制度、営業時間中に個室で練習できる】等、安心して長く働ける雇用条件は勿論、アシスタントに対してのキャリア…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム