Bpre > Bpre Column > 人気のアイデザイナーになるには?

COLUMN

人気のアイデザイナーになるには?

COLUMN
この記事を応援する!

アイデザイナーとはどんな仕事?

アイデザイナーとは、まつ毛パーマやまつ毛エクステ、まつ毛カラーなど、まつ毛専門の技術者のことを指します。

アイデザイナーと呼ぶこともありますし、アイリスト、アイティストという名を使用しているところもありますが、すべて、まつ毛の技術者であることは変わりません。

最近はまつ毛エクステ専門店があり、アイデザイナーも数年前に比べ、たくさん増えました。化粧では限界がある目元のボリュームを出せるということで大人気な施術です。

まつ毛エクステの仕事は、まず、カウンセリングでお客様のまつ毛の状態を確認し、施術ができるかを判断します。まつ毛エクステができると判断した場合は、お客様のご要望を聞き、種類やデザインを提案して施術をしていきます。

まつ毛エクステはデリケートな目元に施術をしていくため大変集中力が必要となります。まつ毛1本1本にグルーをいう接着剤でエクステを付けていきますので、接着剤が目に入らないように慎重に気を付けながら作業をしなくてはなりません。

まつ毛は顔の印象を決める大事はパーツですので、いかに自然にお客様の要望に応えながら、美しく見せられるかがポイントになります。

■目次

アイデザイナーとして働くためには?

アイデザイナーのまつ毛エクステは今人気の職業となっていますが、美容師免許を取得しなければ、施術できないことが法律によって定められています。

実は元々は資格がなくても施術できていましたが、施術や接客のレベルが低下し、トラブルが続出したことがから、2008年3月に美容師免許が必須となりました。

美容師免許を取得していないの施術は違法となります。美容師の国家試験は美容学校に2年以上通わなくてはいけませんので、その技術や接客を学んだ人がアイデザイナーとして、就職ができます。

美容学校を卒業し、美容師をしていて手荒れをしてしまい、美容師を続けられなくなった人がアイデザイナーに転職することも珍しくありません。また、美容師免許を取得してからアイデザイナー志望者は、アイリストスクールに通い、専門的な技術を身に着けることも可能です。

アイデザイナーとなってからは、安全技術者、認定機構3級、認定機構2級、認定機構1級、認定講師などの資格も取得すると、今後の自分の為にも、お客様の信頼を得るためにもよいでしょう。

サロンによっては資格取得者が優遇されることろもありますので、、サロンに入社してから研修を受け、腕を磨きながら、自分のペースに合った学び方を選んでください。

アイデザイナーに向いている人は?

まずは、メイクが大好きで美容に関心が高い人が前提となります。美容が好きな人、誰かをキレイにしてあげたいという人はアイデザイナーは奥が深いので、まつ毛への施術を通して、最先端の美容テクニックを身に着けることができ、そこに魅力を感じられる人が良いでしょう。

また、1mmという細かい世界ですが、小さなこだわりを追求することによってお客様からの信頼につながっていきます。

お客様一人あたりに1~2時間、細かく繊細な仕事をずっと続ける仕事ですので、一般的には、器用な方が向いているといわれていますが、加えて集中力というのも必要となります。

しっかり集中して取り組むことができる方であれば、器用さはカバーできる部分だと言われています。しかし、不器用だからアイデザイナーになれないのかというと、そうではありません。

技術は練習の数をこなせば、いくらでも超えられますので、やる気次第で十分に成長できる仕事です。そのためには、努力を惜しまない人がいいでしょう。

アイデザイナーとは職人ですから、誰に褒めてもらうことがなくても、黙々と自分中で最高施術をしようとする努力を続ける人こそ、このお仕事には向いているのです。

アイデザイナーのやりがいとは?

まつ毛エクステやパーマは定期的に来店されるお客様と成人式や結婚式など、特別な日にだけ来店されるお客様がいます。人生で最も華やかな特別な日にお客様の魅力を最大限に引き出すことができ、喜んでもらえたときは達成感と共に、とてもやりがいを感じます。

また、自分自身も綺麗でいることができます。アイデザイナーとして、技術や知識を身に着けていくことで、お客様はもちろん自分自身がキレイになるための知識もたくさん身に着けることができ、充実した時間を過ごすことができます。

アイデザイナーとして成長してからは、まつ毛が短くてマスカラをしても目力がないことがコンプレックスだったお客様が「新しい自分に出会えました」と毎回指名をしてくれることに喜びを感じているアイデザイナーもいます。

まつ毛だけで、見た目を変えることができる技術を学べ、それを仕事にできることは、とても素晴らしいことです。そして、テクニックが身についてきて、何度も通ってくれるお客様が増えてきたら、「いつかは自分の美容サロンをもちたい」という希望をもって仕事に向き合えることも、アイデザイナーの最大の魅力です。

アイデザイナーの採用ならば、トーコンマーケティングにお任せください。

トーコンマーケティングでは、アイデザイナーの採用活動支援をしています。豊富な採用実績をもとに、適切な求人媒体の選定~アイデザイナーになりたい方にとって参考材料となる求人票の作成発送代行まで、理美容オーナーの皆さまの採用に関するトータルサポートを行っています。

なかなか採用費を捻出をしても、人が集まらない。人が来ても採用に至らない。そのお悩みは専任のコンサルタントにご相談ください。

まずはお気軽にお電話での相談を承っておりますので、いつでもご相談ください。

 

 

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

COLUMN

新卒美容師が就活で役に立つ!サロン選びの規準とは?

新卒美容師のみなさん、就活に当たって自分の美容師としての将来像は具体的に描けていますか? 美容師としての働き先を考えたとき、働くサロンの規模で選ぶという観点は皆さん必ずお持ちの視点かと思います。…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム