Bpre > INTERVIEW > 大山 沙旺莉さん-アシスタント ~PUKASHELL(プカシェル) vol.3

INTERVIEW

大山 沙旺莉さん-アシスタント ~PUKASHELL(プカシェル) vol.3

INTERVIEW
この記事を応援する!

≪プロフィール≫

名前 : 大山 沙旺莉
サロン名 : PUKA SHELL(プカシェル)
国際文化理容美容専門学校 通信教育課程卒 美容師暦1年

通信教育課程は働きながら取れます!

まず専門学校の通信講座を受けるためには、サロンに所属してアシスタントして働き、職場から証明書を出してもらう必要があります。その上で美容師の免許を取るためには、合計で300時間の授業を受ける事が条件になるので、専門学校に行くときは全日制の生徒さんがお休みの夏休みと春休みの期間です。それぞれの長期休みに一回10日間、一年に20日、三年間で計300時間になります。普段全日制の生徒さんを教えている先生方が一日5時間付いていただき、しっかりと見てくださるので、密度の濃い勉強をすることができました。

通学の時は、お店にシフトをずらしてもらうか、学校に行った後にお店に戻り掃除だけして勤務扱いにしてもらっていました。なかなかハードな三年間ではありましたが、通学の時には同じ道を志している人たちとも会えましたし、色々な世代の方がいらっしゃって、よい刺激になりました。何より通学の時には学生に戻った気分になれたので、楽しくもありました。

私が感じた、全日制と通信の違いは、全日制だとコンテストや賞にチャレンジできますし、同じ夢を持つ同世代の人たちと知り合うことができるというのは大きな長所だと感じました。

通信は全日制に比べ、現場に早く、長く立っているので、スタイリストとしてのデビューは早い傾向にあるかと思います。また、学費をサロンワークで稼ぎながら資格の取得が出来るので、その点も大きな長所だと感じます。

なので全日制と通信はそれぞれ一長一短、どちらの方法がいい、ということは一概に言えませんが私は通信制で良かったと思います。

- 続く -

大山 沙旺莉さん-アシスタント ~PUKASHELL(プカシェル) vol.4

≪過去の記事≫

大山 沙旺莉さん-アシスタント ~PUKASHELL(プカシェル) vol.1 vol.2

≪サロン情報≫

サロン名 :PUKA SHELL(プカシェル)
住所 : 〒181-0001 東京都三鷹市井の頭2-15-2 グレゴリープレイス1F
電話番号 : 0422-43-3450
サロンホームページへは こちら

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INSTAGRAM インスタグラム