Bpre > INTERVIEW > Student > ★ リアルキャンパスライフVol.12★ ~資生堂美容技術専門学校 稲場美波(イナバミナミ)さん ~

INTERVIEW タグ:

★ リアルキャンパスライフVol.12★ ~資生堂美容技術専門学校 稲場美波(イナバミナミ)さん ~

STUDENT
学校法人資生堂学園 資生堂美容技術専門学校
この記事を応援する!

今回は就職決定した2年生にインタビュー!SHIMAへの入社が決定し、

夢の実現に向かって全力で取り組む資生堂美容技術専門学校の稲場美波さんにインタビュー☆

前編では、美容師になろうと思ったきっかけから、美容学校進学までのエピソードをお話頂きました!

-美容師になろうと思われたきっかけは?

幼稚園の頃に仲の良かった友人のヘアスタイルがいつも素敵でオシャレだったんです。その友人のヘアスタイルに憧れたのが美容に興味を持ち始めたきっかけです。また、誰かを喜ばせる事が昔から好きで、母や友人の髪の毛をアレンジしたり、可愛くしてさしあげる事がとにかく好きでした。父が化粧品関連の仕事をしている事もあり、商品などに触れる機会も多く、メイクにも興味をもっていました。この頃から、将来は美容師になる。と決めていました。

-美容室にはよく通われていたのですか?

幼い頃から美容室に行くのが楽しみで(笑)、毎回色々な美容室に行っていました。美容師さんのお話をお聞きするのも大好きでしたし、美容室にいくと「こうも変われるんだ」といつもと違った私を感じるのも楽しいですし、自分も将来、こんな美容師になれたら良いなとずっと思っていました。

一番印象に残っている美容室はSHIMAです。カラーは勿論のこと、思い通りのスタイルを創ってくれたんです。地元の美容室ではやってもらったことがないような可愛いスタイルでした。高校時代に友人がSHIMAのサロンモデルをやっていて、その時にSHIMAの存在を知りました。当時は知らなかったのですが、専門学校に入学してから有名なサロンという事を知りました。折角美容師を目指すのであれば、有名であり、注目される美容師に成りたいと思っていたので、SHIMAのような大きな美容室に入社したいとこの時から思い始めました

-高校生の時、進路は迷わず美容学校に決めたのですか?

高校生の時、たまたま母と見ていた幼稚園の卒園アルバムには「美容師になりたい」と書いてありました。幼稚園の頃から目指していたんだねと母と話をしていた事を憶えています。小さな頃から美容学校に行くと決めていたので、進路決定の時もぶれずに美容学校を選びました。小さな頃からの夢だと両親も理解してくれていたので背中を押してくれました

 

-後編に続く

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

INTERVIEW

星野 萌香さん-横浜fカレッジ vol.3

≪プロフィール≫ 名前 : 星野 萌香 学校名 : 学校法人岩崎学園 横浜fカレッジ 専攻 : ビューティースタイリスト科 1年 個性を大事に!髪色は季節感やトレンドに合ったものを。 やはり美容…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム