Bpre > Bpre Column > 新卒美容師が就活で役に立つ!サロン選びの規準とは?

COLUMN

新卒美容師が就活で役に立つ!サロン選びの規準とは?

COLUMN
この記事を応援する!

新卒美容師のみなさん、就活に当たって自分の美容師としての将来像は具体的に描けていますか?

美容師としての働き先を考えたとき、働くサロンの規模で選ぶという観点は皆さん必ずお持ちの視点かと思います。

個人店で、スタッフ同士が仲良く働きやすい環境にも憧れるし、多店舗・チェーン店でより多くの美容師の中からの人気スタッフとして活躍する姿にも憧れる。

その両方とも欲しくて、悩む方も多いのではないでしょうか。

実際「多店舗・チェーン店」と「個人店」での美容師の働き方には大きな違いがあります。

現在、就活真っ最中という美容師の方も、もうそろそろ就職先を探さなければと考えている美容師の方も是非知っておきたい、「多店舗・チェーン店」と「個人店」の特長を考慮した就活・就職先選びをお伝えします。

【新卒美容師が就活で役に立つ!サロン選びの規準とは?】

■目次

多店舗・チェーン店で働くスタイリストの場合

 

美容室には、店舗展開している「多店舗・チェーン店」と、個人開業で一つのお店を出している「個人店」の2種類があります。

 

多店舗・チェーン店の大きな特徴としては、「福利厚生の充実」があります。

店舗数が多いということでの収益性が確保しやすい多店舗・チェーン店は、収入が安定しているため安定的な雇用が可能で、その点は大きなメリットです。

 

美容室の中には厚生年金や有給がつかないお店も存在しますが、多店舗・チェーンでは就業規約や有給の制度が整っていたり、社会保険制度が完備されたお店が多いです。

 

多店舗・チェーン店は、企業の組織形態として一般企業に近しいため比較的制度が整っています。

人によっては現場で美容師として働くだけでなく、管理課や総務課などで経理や人事などの経験を積むことも出来ます。

将来を見据えた働き方を考えるのであれば、そういった経験があるほうが社会人としてのスキルアップに繋がるという考え方もあります。

また合わせて、独立開業支援のサポートがあったりと、独立開業を目指す方にとっては、働きながらオーナーを目指す上で必要な経験やスキルを

を身に付けることが可能です。

教育サポートの観点でも、技術講習への参加や撮影会、コンテストへの参加などを通じて、美容師同士のネットワークや人脈を作りやすく

将来を見据えた経験を積むことが出来ます。

 

 

個人店で働くスタイリストの場合

 

 

個人開業による個人店の大きな特徴は、オーナーとスタッフの距離が近いことです。

個人店は少人数のスタッフで運営しているところが多いため、自分の意見をサロン運営に反映しやすく、オーナーとの近い距離で働きながら、確かな技術や経営ノウハウを学ぶことができます。

少人数で基本的には同じメンバーで仕事を進めるため、相性の良いサロンであれば人間関係に悩まされることも少なく、長く勤務することができます。

スタッフ同様、お客様とも距離が近いため、お客様とも信頼関係を築きやすいことも個人店ならではの大きな魅力です。

 

ただ個人店では、店長やオーナーが美容師の仕事をしながら経営を行っていることが多いため多店舗・チェーン店と違い、経営と現場が完全分離されていないことが多いです。

よってオーナーが経営に徹することが出来ないことでの、サロン経営における問題課題が発生しやすくなるという状況も考えられます。

その流れと同じくして、会社としての福利厚生の未充実という現象は比較的多く垣間見えます。

健康保険料などが給料から天引きされないので、手取り金額は増えたように見えますがそのぶん、自分で国民保険や国民年金に加入する必要があります。

 

広告などの費用面でも多店舗・チェーン店に比べ、投資できる金額もより限りがあるため、

集客のばらつきもありがちになり、規模の面において引けをとると感じることはあるかも知れません。

 

規模の面では厳しさはあるものの、オーナーとの距離が近いからこそ、自分のアイデアが採用されやすく、自分が面白いと思うイベントを開催したり、

何かあればその都度、臨機応変に仕事を進めることができます。

 

自分に合った働き方を考えよう

 

多店舗・チェーン店と個人店の特徴をお伝えしましたが、ご自身がどちらの規模サロンに入社したほうがより

輝く自分の美容師の姿をを想像できましたか?

一人前の美容師に早くなるための努力は、どの規模のサロンに勤めてもそれは変わりはありません。

大切なのは、自分が将来どういった美容師になりたいか、どういった美容師ライフを送るのか、明確にイメージすることです。

そしてそのための自分に合った働き方が出来る環境とは、一体どんな環境なのかを考えることが重要です。

そういった観点でよりたくさんのサロンを見てみてください。

きっと充実した就職活動になるはずです。

 

Bpreでは就活に関するギモン、質問を随時受け付けています!
お気軽に以下フォームからお問い合わせください!

 

この記事を応援する!

Related Posts 関連記事

COLUMN

人気のアイデザイナーになるには?

理容師さんの就活事情! 理容師を採用したいけれど、なかなか人が集まらない。近くの美容室は集まるのに、どうすればいいのかと悩まれているオーナーの方も少なくないと思われます。 直近、平成28年度実…

READ MORE

INSTAGRAM インスタグラム